文字サイズ

サートゥルナーリアがジャパンC回避、左トモ飛節に腫れ 今後は有馬記念を視野に

 サートゥルナーリアがジャパンCを回避することが23日、明らかになった。所属するキャロットクラブがホームページで発表した。

 歩様は問題ないが、左トモ飛節に腫れが見られ、エコー検査を行った結果、打撲により腱鞘(けんしょう)液がたまったことで張りが出て、痛みが生じたため。同日にノーザンファームしがらき(滋賀県)へ放牧に出て治療を行い、今後は経過次第で有馬記念(12月27日・中山)を視野に入れていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス