文字サイズ

武豊ジャパンは凱旋門賞に参戦できず 禁止薬物陽性で4頭が出走取消

 JRAは4日、凱旋門賞(4日・パリロンシャン)に出走を予定していた愛国のA・オブライエン厩舎に所属するジャパン(牡4歳)、ソヴリン(牡4歳)、モーグル(牡3歳)、サーペンタイン(牡3歳)の4頭が出走を取り消したと発表した。

 同厩舎が使用している「ゲイン社」の飼料から、禁止薬物で家畜の増体重などに用いる「ジルパテロール」が検出されたことが判明。1日に同社から報告を受け、4頭の尿検査を行ったところ、フランスの研究所での検査で全馬が陽性となった。

 A・オブライエン師は英国のレーシングポスト電子版に「走っても大丈夫だった可能性はあるが、確信が持てなかった」と胸の内を語った。

 ジャパンに騎乗予定だった武豊にとっても、非常に残念な結果となった。1日から5日までの海外渡航届を提出。帰国しても2週間は隔離生活をしなければならず、その期間は国内で騎乗はできない。それだけ、この大舞台に立つことに対して、並々ならぬ意欲を見せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス