文字サイズ

【小倉記念】サマーセント充実ぶり顕著!自信深めていざ重賞連勝だ

 「小倉記念・G3」(16日、小倉)

 目下の充実ぶりを見せつけるには十分過ぎる内容だった。初の重賞舞台となった前走のマーメイドS。サマーセントは、格上挑戦でも気後れすることなく2番手から正攻法の競馬。直線で堂々と先頭に立つと、そのままライバルを封じ込んだ。

 自信を深めて挑む2つ目の重賞は牡馬相手のハンデ重賞。短期放牧でいったん気持ちをリセットさせ、帰厩後は順調に調整を進めた。5日の1週前追いでは酒井を背に栗東CWで3頭併せ。決して無理はせずとも、活気に満ちた雰囲気で最先着を決めた。

 「いい雰囲気でしたよ。ただ、動きには余裕がありましたが、息遣いがもうひとつ」と斉藤崇師。それでも、「このひと追いで(息遣いは)良くなると思います。それに前走より一段とたくましくなって力強さが出てきました」と成長ぶりに目を細める。

 小倉は初勝利を挙げた思い出の地。「開幕週で時計は速くなるでしょうが、そうなっても対応できる馬です」と指揮官。前走比2キロ増とはいえ、同じG3で52キロのハンデは恵まれた印象だ。酷暑の消耗戦で牡馬を撃破し、重賞連勝を果たす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス