文字サイズ

【マリーンS】タイムフライヤー約2年半ぶり白星 ルメール自身最速JRA年間100勝

 「マリーンS」(12日、函館)

 名手がG1馬に約2年半ぶりの白星をプレゼントした。中団で運んだ2番人気のタイムフライヤーが直線一気に突き抜け、17年ホープフルS以来の復活Vを飾った。松田師は「次もルメールで、エルムS(8月9日・札幌)に向かいます」と話した。

 15年から6年連続六回目、自身最速でのJRA年間100勝を達成したルメールは「クラスが違う勝ち方だった。めちゃくちゃ強かった」と興奮気味。「今年は早めに100勝ができた。これで改めて新記録を考えていける」と、18年にマークしたJRA最多年間215勝の更新に意欲を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス