文字サイズ

【ボート】井口佳典が大村周年制覇 総売上額は90億円 目標を20億円上回る大盛況

 「海の王者決定戦・G1」(9日、大村)

 1号艇で人気を集めた井口佳典(42)=三重・85期・A1=がインから押し切って1着。G1は19年1月蒲郡周年以来となる15回目、通算では72回目の優勝を飾った。2着に峰竜太(佐賀)、3着に新田雄史(三重)が入り、本命決着となった。6日間の総売上額は90億3434万2600円で、目標の70億円を大幅に上回る大盛況だった。

 持ち味の速攻戦でライバルを一蹴した。井口がインからコンマ09の快Sから堂々と逃げて自身15回目のG1Vを飾った。1月からつ周年、5月徳山周年と優勝戦の1号艇を手にしながら、惜敗が続いたが、悔しさを力に変えて結果をつかみ取った。「今年はからつ、徳山と1号艇で惨敗していたので緊張したけど、自分を乗り越えられたかな」とホッとした表情でVの喜びをかみ締めた。

 次節にはSG・グランドチャンピオン(23~28日・宮島)が控えている。「まだまだ始まったばかり。緩めることなく、グランプリを目指して一走一走頑張っていきたい」と、Vに慢心することもなく、今後の戦いに気を引き締める。この優勝を弾みに、年末を見据えながら大舞台でも存在感を示していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス