文字サイズ

【日本ダービー】1番人気コントレイルが完勝 史上7頭目の無敗クラシック2冠制覇

コントレイルで日本ダービーを制し馬上で一礼する福永祐一騎手=東京競馬場(撮影・三好信也)
3枚

 「日本ダービー・G1」(31日、東京)

 断然の1番人気に支持されたコントレイルが圧勝。デビューから5連勝で、史上7頭目となる無敗のクラシック2冠制覇を達成した。また、1984年のグレード制導入以降では、シンボリルドルフ(1984)、トウカイテイオー(1991)、ミホノブルボン(1992)、そして父ディープインパクト(2005)に続く快挙となった。

 レースは大外枠からウインカーネリアンが逃げて、コルテジアが2番手で続く。好スタートを切ったコントレイルは内の3番手につけ、2番人気のサリオスは中団の後方からの追走となった。ややスローの流れになり、向正面ではマイラプソディが動いて先頭に立つ。直線に入るとコントレイルは手応え十分で外に持ち出し、残り300メートルを切ったところゴーサイン。外から迫ってきたサリオスを一瞬にして突き放し3馬身差をつけて快勝した。サリオスは皐月賞に続いて2着。混戦の3着争いは10番人気のヴェルトライゼンデが入った。

 福永は「素直にうれしいです。今まで大きいレースを経験してきたことが、きょうに生きたと思う。思ったよりペースが流れなくて、ノリさん(横山典)が動きそうだなというのも想定していたし、そこでポジションを下げることができたのが大きかった。ちょっと遊ぶところがあるので、直線でも追いだしを待ったが、遊びながらダービーを勝つから相当優秀な馬です。きょう勝ったことでスターホースの仲間入りをしたと思うし、この馬に騎乗できたことは誇りです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス