文字サイズ

【POG】3歳馬特別戦総括 サトノインプレッサ無傷2連勝 ファルコニアもOP入り

 先週末の15、16日は京都、小倉の2競馬場で1勝クラスの特別戦2レースが行われ、京都のこぶし賞はディープインパクト産駒サトノインプレッサ(栗東・矢作)が勝利。小倉のあすなろ賞は、2番人気のファルコニア(栗東・角居)が連勝でOP入りを決めた。

 7頭立ての少頭数で争われた16日の京都9R・こぶし賞(芝1600m)は、2番人気のサトノインプレッサが、最後方追走から直線で外を回って差し切り勝ち。先に抜け出した1番人気ギルデッドミラー(2着)をゴール前できっちり首差つかまえ、デビューから無傷の2連勝を達成した。勝ちタイムは1分38秒9。ギルデッドミラーは道中で引っ掛かるシーンもあり、2着に惜敗。さらに1馬身3/4差の3着には4番人気のゴールドティアが入った。「スタートは遅れたのですが、力があるのは分かっていたので、じっくり乗ることができました。良馬場であれば、さらに良さそうです」と川島。矢作師は「少しテンションが高い、というのが課題になってきそうですね。マイル路線に行くか、皐月賞TRか、オーナーと相談して決めてたいと思います」と話した。(採点・★★★☆☆)

 15日の小倉10R・あすなろ賞(芝2000m)は、2番人気のファルコニアが2分1秒4のタイムで連勝を飾った。道中は後方のポジション。勝負どころから加速すると直線では大外へ。1番人気レザネフォール(2着)との激しい追い比べになったが、最後は鼻差で制した。さらに2馬身差の3着には5番人気のスペースシップが入った。藤岡佑は「直線でいったんかわしたあとは、一度も抜かせませんでしたしね。最後までよく辛抱してくれました。まだ体も気性も幼いですが、これからが楽しみ」と、今後のさらなる成長に期待した。(採点・★★★☆☆)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス