文字サイズ

【競輪】グランプリで果敢に先行した脇本雄太は2着「まだ戦いは続く」

 「KEIRINグランプリ2019」(30日、立川)

 11Rで行われ、佐藤慎太郎(43)=福島・78期・SS=が1着。グランプリでは初めての優勝を飾り、賞金1億340万円を手にして、初めて賞金王に輝いた。一方、打鐘からカマして4角で出切った脇本雄太(福井)が2着に終わった。

 「インパクトのあるレースをしたい」という宣言通り、打鐘からスパートした脇本。4角で先頭に立ち、1周以上を逃げ切るかに思われたが、直線で佐藤に強襲された。「宣言通りにレースができた。実行できたことには納得しています」と2着でも前を向く。

 2020年は東京五輪出場へさらに全力を尽くす身。そして、3年連続のグランプリ出場も見据える。「戦いは続きますから」と言い残して、立川競輪を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス