文字サイズ

【JBCスプリント】Dr.コパ「来年は勝ちたい」 菜七子と戴冠ならずも雪辱宣言

 「JBCスプリント・Jpn1」(4日、浦和)

 女性騎手として史上初の統一ダートG1制覇に挑んだ藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本=だったが、相棒のコパノキッキングを巧みにリードするも首差の2着。“Dr.コパ”こと小林祥晃オーナー(72)も残念がった。

 オーナーは「3、4コーナーでもう少し積極的に仕掛けた方が良かったかも。少し遠慮したようですね。逃げたノブワイルドをかわいがり過ぎた感じです」と敗因を分析。それでも「前に行って残ったのは私の馬だけですから」と、すぐに気持ちを切り替えて笑顔を浮かべた。

 オーナー自身も楽しみにした菜七子のG1初制覇は持ち越しとなったが「人馬ともケガなく終えたのは良かったです。来年のJBCは勝ちたいですね」と雪辱を宣言。まずはコンビを継続し、カペラS(12月8日・中山)へ向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス