文字サイズ

【札幌記念】フィエールマン勝って凱旋門賞へ ルメール好感触「自信あります」

 「札幌記念・G2」(18日、札幌)

 世界の大舞台へ、弾みをつける。天皇賞・春で2つ目のG1タイトルを獲得したフィエールマンが、秋の大目標である凱旋門賞(10月6日・パリロンシャン)に向けて、ここから始動する。

 前走後は福島県のノーザンファーム天栄での調整を経て、7月25日に函館入り。28日の初時計から計5本の追い切りを消化した。手塚師は「昨夏のラジオNIKKEI賞(2着)時は、体が減って戻らなかった。今回は違う」と、1週前の時点で484キロ(前走時=480キロ)の馬体を確認し、満足げにうなずいた。「やれば動くし、鉄砲は走る。久々は心配していない」と力強く話した。

 7月30日に父ディープインパクトが天国へ旅立った。「フィエールマンには後継種牡馬としての期待も高い。そういった意味でも、クラシックディスタンスで勝たなければいけない。札幌記念、2400メートルの凱旋門賞で結果を出せるように頑張らないと」と指揮官は将来を見据えている。

 1週前追い切りは函館Wで4F55秒5-12秒5(馬なり)。騎乗したルメールは「いい反応。フットワークも息遣いも良かった。馬が大きくなってパワーアップしている」と好感触。好メンバーがそろった壮行戦にも「一番の目標はフランス。休み明けからいい結果が必要だけど、能力はあるので勝つ自信はあります」とパートナーへの信頼は揺るがない。

 「ワグネリアンとは初対決なんだよね。(同世代の)ダービー馬とは戦ってみたかった」。トレーナーも胸を躍らせる北都決戦。強力ライバルを蹴散らしてこそ、“日本代表”としての道が大きく開ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス