文字サイズ

【函館スプリントS】アスターペガサス再飛翔だ 千二に戻って能力全開

 「函館スプリントS・G3」(16日、函館)

 出走馬唯一の3歳馬アスターペガサスが、初の古馬を相手に2つ目のタイトルを目指す。昨年にデビュー2連勝で函館2歳Sを制して重賞初制覇。その後は勝ち星から遠ざかっているが、久々のスプリント戦となった前走の葵Sで2着に入り、復調ぶりをアピールした。好相性の舞台で、斤量差を生かして強敵撃破をもくろむ。

 ようやく上昇気流に乗ってきた。アスターペガサスは函館2歳Sをデビュー2連勝で制したが、距離を延ばして挑んだ京王杯2歳S(5着)、朝日杯FS(7着)と結果を出すことはできなかった。年明けには初ダートの昇竜S(4着)にも挑戦。続く橘Sではキャリア初となる2桁着順の13着に沈んだ。

 陣営は再びスプリント戦に照準を定め、前走の葵Sでは57キロの斤量を背負いながら、メンバー最速タイの上がり3F33秒4の末脚で頭差2着。改めてスプリント能力の高さを実証した。「もちろん千二の距離が良かったこともあるが、体調が良くなってきたことも大きい。昇竜Sの時は状態も悪かった」と中竹師。前走後の回復も早かったことから、今回の参戦を決めた。

 3歳馬の活躍が目立つ一戦だ。最近10年間では09年グランプリエンゼル、16年ソルヴェイグ、17年ジューヌエコールがV。16年には2着のシュウジとワンツー決着となった。「古馬は強いけど、52キロの斤量は魅力だよね。小回りで脚質的に大変だけど、馬群をさばくのはジョッキーやから」とトレーナーは力を込める。2戦ぶりにコンビを組む小崎も「千二で流れに乗れるのはいいですね。先週、同期の松若君が重賞(マーメイドS=サラス)を勝ったので、自分も頑張りたい」と気合十分だ。

 2戦2勝と負け知らずの函館で、目の覚めるような豪脚を発揮する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス