文字サイズ

【ボート】松井繁と白井英治にメダルのディスプレーケースを贈呈

白井英治(左)、松井繁(右)の両選手にディスプレイケースを贈呈したBOATRACE振興会の小高幹雄会長
1枚拡大

 「ボートレースオールスター・SG」(21日・福岡)

 BOATRACE振興会は21日、松井繁(49)=大阪・64期・A1=、白井英治(42)=山口・80期・A1=の両選手にボートレーサーの栄誉をたたえ、小高幹雄振興会会長から「優勝戦出場メダル」を収納展示するディスプレーケースを贈呈した。

 重厚な黒い漆でコーティングされたケースは金色の竜があしらわれ、SGのGRANDE5競走(グランプリ、ダービー、メモリアル、オールスター、クラシック)のロゴメダルがはめ込まれた豪華仕様。SG優勝戦出場メダルを筆頭に、プレミアムG1・マスターズチャンピオンや、G1・周年記念競走優勝戦の出場メダルを24個収納できる2段構造となっている。

 通算で24個のメダルを受賞している松井は「ディスプレーケースというのは、積み重ねていただけるものなので、自分にとっては非常にうれしく思います」と喜びのコメント。SG、G1で優秀な成績を収めた選手に贈呈される「ゴールデンレーサー賞」の受賞第1号となった白井も「これを糧に、さらに精進していきます」と活躍を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス