文字サイズ

【安田記念】アーモンドアイ 軽々ラスト1F12秒4

 がい旋レースへ向けて、軽やかなフットワークを披露したアーモンドアイ
1枚拡大

 「安田記念・G1」(6月2日、東京)

 日本が誇る現役最強牝馬が、がい旋レースへ向けて日に日に状態を上げている。初の海外遠征となったドバイターフ・UAE・G1でも、圧倒的な強さを見せつけたアーモンドアイ。15日、美浦Wで、元気いっぱいの姿を披露した。

 整地が済んだばかりの馬場を、気持ち良さそうに軽やかなフットワークで進む。直線に向くと、軸のブレない体幹のしっかりとしたフォームでさらに脚を伸ばし、6F81秒6-37秒5-12秒4の時計を軽々とマークした。

 実質的には、これが帰厩後初の追い切りだが、国枝師は「順調に来てますよ」と涼しい顔。「来週はリードホースを前に置いて、ペースコントロールして走らせれば。暑くなってきたし、まあやり過ぎないように」。1週前となる来週、併せ馬で追い切れば十分という見立てだ。

 過去マイル戦は3戦3勝だが、今回は桜花賞以来、約1年2カ月ぶりの“激流”が待っている。距離を意識した調教になるのか問われると、トレーナーは「余計なことしたら、アーモンドアイに怒られちゃうよ」と一笑。自然体のまま、上半期のマイル王決定戦に歩を進める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス