文字サイズ

【天皇賞】エタリオウ力強く最先着 B替えて好感触

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都)

 霧に包まれた18日の栗東CW。確認できたのは最後の直線だけだったが、エタリオウは力強いフットワークで併せた僚馬2頭に先着を果たした。「しっかりと追うことができました。一生懸命に走っていたし、状態はいい」と手綱を取ったM・デムーロも好感触を伝えた。

 集中力を高めるため、深いブリンカーを装着した前走の日経賞。しかし、効果があり過ぎて掛かり気味に。その結果、今回は中間のケイコから浅いブリンカーに交換した。「ミルコは『集中して走っていた』と言ってくれた。能力を出し切ってくれれば、G1でも通用する力があるのは分かっていますから」と友道師は力を込める。

 菊花賞ではフィエールマンに鼻差の2着。4歳世代の中でも屈指の実力を誇る“最強の1勝馬”が、平成最後の盾で“善戦マン”から脱却する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス