文字サイズ

平昌五輪男子モーグル銅メダルの原大智が日本競輪学校に合格「競輪選手への準備できた」

 日本競輪学校は5日、平昌五輪のフリースタイルスキー・男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智(22)が日本競輪学校特別選抜試験に合格したと発表した。

 原は「素直にうれしいです。これからは競輪選手になるために、スタートを切る準備をできたと思います。やるからには、誰にも負けないようにベストを尽くしたいと思います」とコメントした。

 同校によると、2月に原から願書が提出され、この日に開催された日本競輪学校入学試験委員会において、世界規模の大会で優秀な成績を収めた者を対象にした特別選抜試験に合格した。5月9日に入学式が行われる。

 原はすでに師匠に就いて、競輪の練習を始めているという。

 特別選抜試験で過去には、長野五輪ショートトラック男子500メートル銅メダルの植松仁(すでに引退)、ソルトレークシティ五輪男子スピードスケート500メートル8位入賞の武田豊樹らが同校に入学している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス