文字サイズ

【ボート】沢崎雄哉が初優出初V 団体戦はルーキーズが連覇

 地元で初優出初優勝を飾った沢崎雄哉
1枚拡大

 「レディースVSルーキーズバトル」(16日、江戸川)

 1号艇の沢崎雄哉(23)=東京・116期・B1=がインからコンマ13のトップSで逃げ切り、優勝賞金75万円を獲得した。沢崎は初優出初優勝。団体戦は46対23でルーキーズが連覇した。次回は6月8~13日にびわこで開催される予定。

 地元の沢崎がデビュー初優出初優勝を達成した。インからコンマ13のトップSで先マイを決めると、道中は香川の追撃をしのいでゴールを駆け抜けた。「Sは入っていると思った。2周目まで気が気じゃなかった」と振り返った。

 表彰式では「(予選は)どのレースでも失敗したけど、全部エンジンが助けてくれました。僕の名前より64号機を覚えてください」と、エース機に感謝した。表彰式後、仲間の手で初優勝の水神祭が行われた。

 初の優勝戦、それも1号艇を背負い、前夜は緊張で寝付けなかったという。15年5月のデビューからようやくつかんだ悲願のV。「遅いと思うけど、自信につながる。A1昇格を目指します」と、笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス