文字サイズ

【ボート】松本晶恵が平和島QC連覇 一昨年戴冠の水面で再び輝く

クイーンズクライマックスを制した松本晶恵(左)を祝福した原田龍二(撮影・中田匡峻)
1枚拡大

 「クイーンズクライマックス・プレミアムG1」(31日、平和島)

 1号艇で断然人気を集めた松本晶恵(31)=群馬・98期・A1=がインから逃げ切って優勝。クイーンズクライマックスは2016年(平和島)に続いて2回目の制覇となった。2着は遠藤エミ、3着には山川美由紀が入った。なお11Rで行われたG3・シリーズ戦は塩崎桐加(26)=三重・105期・B1=が優勝した。

 平和島でのクイーンズクライマックスは、松本晶恵のためにある。平成最後のクイーンズクライマックスで、選考順11位からのVで、史上初めて2回目のティアラ戴冠の快挙を成し遂げた。

 吹き荒れていたホーム向かい風も収まって絶好のコンディション。スリット隊形はほぼ横一線となり、1Mで3号艇の遠藤が外から襲いかかるが、バックで伸び返して振り切った。「エンジンのパワーがあった。何とかこらえられました」。完璧な調整、レースぶりに笑顔を浮かべる。

 メンタルの成長もうかがえる。「今節は落ち着いて過ごせた。冷静でいられるようになった。ティアラの重みも実感できました」。2年前のクイーンズクライマックス優勝時は初のG1タイトル獲得でもあり、それ以降のレースでも地に足がつかなかったという。2回目の制覇で、改めて栄冠を勝ち取った喜びをかみしめられるようになった。

 2018年はSG2冠の毒島誠、9月ヤングダービーを制した関浩哉と群馬勢が大活躍。最後は松本が締めくくった。この優勝でSG・クラシック(3月16~21日・戸田)の出場権もゲット。「またSGにいけると思うとうれしい。一つ一つのレースのクオリティーをしっかり高めていきたい」。女王としての風格も漂いつつある松本。まだ獲得していないレディースチャンピオンの制覇を目指して、2019年も女王の道を突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス