文字サイズ

【POG】ジュピターズライト初陣星 丸山「やたらと切れた」

エンシュラウドを差し切るジュピターズライト(手前)
1枚拡大

 「新馬戦」(28日、中山)

 中団で脚を温存した6番人気のジュピターズライト(牡2歳、父ハービンジャー、母サトノジュピター、美浦・金成)が、直線で鋭く伸びてデビュー勝ちを決めた。伯父に14年コーフィールドC・豪G1覇者アドマイヤラクティがいる素質馬。

 丸山は「気性が若く道中もムキになって走っていたし、返し馬でも牝馬のように鳴きながら走っていた。今後は気性がどう出るかだけど、しまいはやたらと切れた」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス