文字サイズ

目指せ平地G1!障害の絶対王者オジュウチョウサンが武豊騎乗で福島の平地戦に参戦へ

 昨年の中山大障害を制したオジュウチョウサン(左)
 92年有馬記念を逃げ切ったメジロパーマー
2枚2枚

 最強ジャンパーに仰天プランが浮上した。JRA史上最多のJ・G1で5勝をマークし、平地を含め歴代トップとなるJRA重賞9連勝中のオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)が、6月30日から開幕する2回福島開催の平地レースに武豊騎手騎乗で出走し、その後も平地のビッグレースを目指すプランがあることが分かった。

 障害では絶対王者として知られる同馬は総賞金5億3307万3000円を獲得しているものの、平地では未勝利のため、格付けは500万下に。7月7日の開成山特別(芝2600メートル)が候補に挙がっているが、出走するためにはフルゲート頭数の16頭に満たないことが条件となる。なお、同レースが過去10年において16頭立てで行われたことはなく、近3年の同レースは11、10、10頭立てとなっている。

 さらに、その後の成績次第では、平地でG1レース出走という大きな目標を持っているという。前例のない挑戦だけに、大きな注目が集まる。

 和田正一郎調教師「オーナーの平地での走りを見てみたいという意向で使うことにしました。武豊騎手の承諾も得ています。その後も平地で使う権利を得るためには、まずは1勝を挙げなければならない。そのあとも可能性がある限り大きなレース、G1にも挑戦してみたいとオーナーは考えています」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス