文字サイズ

【マイラーズC展望】大目標見据えエアスピネルが始動

※騎手は想定
1枚拡大

 「マイラーズC・G2」(22日、京都)

 G1初制覇を見据え、エアスピネルが始動する。当初は中山記念で復帰予定だったが、右前橈骨の骨膜炎で回避した。とはいえ、普通の馬なら使える程度の軽症。笹田師が「いい状態で前哨戦を迎えられそう。(1週前も)坂路でいい時計が出たしね」と話すように、不安な様子はない。前走のマイルCSは鼻差の2着でタイトルを逃した。V発進で大目標へ弾みをつける。

 マイルCS、阪神Cと連続3着のサングレーザーは、明け4歳馬で伸びしろは豊富。浅見助手は「休みが長かったのでいつもよりも早めに(栗東に)戻した。ここまでは順調に来ている」と手応えは十分だ。阪急杯2着のモズアスコットはG1出走に向けて賞金加算が必須。「直線の長いコースはいいからね」と矢作師は意欲的だ。

 京都金杯の覇者ブラックムーンも久々だが、好仕上がりで連勝の可能性は十分。六甲Sで連勝を飾ったロジクライも、3歳時に重賞を制した舞台で久々のタイトルを目指す。距離短縮は歓迎のダッシングブレイズ、オープンで3戦連続2着のグァンチャーレも虎視たんたんとチャンスをうかがう。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス