文字サイズ

【エ女王杯】モズカッチャンが3度目のG1で初V またミルコが魅せたレース連覇!

 粘るクロコスミア(奥)を競り落とすモズカッチャン
1枚拡大

 「エリザベス女王杯・G1」(12日、京都)

 またまたミルコが魅せた。5番人気のモズカッチャンが、ゴール前の接戦を制して新女王の座に就いた。M・デムーロはレース連覇を達成するとともに、G1・9戦連続3着以内の新記録も達成。鮫島師は開業18年目でのうれしいG1初勝利となった。2着は9番人気の伏兵クロコスミア、3着は3番人気のミッキークイーン。1番人気のヴィブロスは5着に敗れた。

 3歳馬の勢いが古馬をのみ込んだ。オークス2着、秋華賞3着と、G1で惜敗が続いたモズカッチャンが“三度目の正直”で牝馬の頂点へたどり着いた。

 またまたミルコだ。好スタートから好位の5番手につけると、目の前で掛かり気味に運ぶ1番人気ヴィブロスとは対照的に、完璧なまでに折り合った。内を全くコースロスなく進み、最後の直線へ。2番手から抜け出した2着馬に襲いかかってゴール寸前でとらえると、外から猛然と迫る3着馬を封じ込む。完璧なエスコートで、パートナーを女王の座へと導いた。

 「自信はありました。すごくいい状態だったし、一番いい位置が取れて、ずっといい手応えで真面目に走ってくれました。ゴール前で勝った!と思いましたよ」。今年トップとなるG15勝目をレース連覇で決めたM・デムーロは声を弾ませる。これで新記録となるJRA・G1実施機会9戦連続3着以内も達成。手がつけられないほどの絶好調ぶりだ。

 秋華賞は右前脚の落鉄というアクシデントに泣いた。「あれさえなければ勝てていた。リベンジしたかった」とうなずく。だからこそ昨年覇者クイーンズリングではなく、この馬を選択。「初めて騎乗した時からいい馬だと思っていた。賢いし、すごく走る馬です」。力を信じ、見事にミッションをやり遂げた。

 管理する鮫島師にとっては、開業18年目で感激のG1初勝利。これまで2着4回、3着6回と勝てそうで勝てなかっただけに、「最高の気持ちです。ミルコが僕にG1をプレゼントします、と言ってくれていましたからね。最近はG1を獲りたい気持ちになっていましたから本当にうれしい」と瞳を潤ませた。

 歴戦の古馬を撃破して堂々とビッグタイトルを手中にしたモズカッチャン。「秋3戦は決めていましたが、次走は未定です。少しゆっくりさせてから備えたい」と指揮官は話す。新女王はしばしの休息へ経て、次なる戦いへ向かっていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス