文字サイズ

【ボート】森下愛梨「下手は罪」の言葉で一変!女子トップで卒業

 ボートレースの120期27人(女子6人)が5月から全国各地でプロデビューを果たす。デビューを控えた6人の女子レーサー6人の中から訓練生時代に勝率5・22で女子トップの成績を残した森下愛梨(20)=静岡=にスポットを当てた。

 女子トップの成績を引っさげてデビューを果たすのが森下。それでも卒業レースでは痛恨の転覆失格。他の訓練生が次々に完走する中、唯一ゴールにたどり着くことができなかった。レース後は泣きじゃくり、言葉も出せず「悔しい」と話すのが精いっぱい。しかし「大丈夫。気にするな」と同期に励まされ、自分を奮い立たせた。

 やまと学校入学当初は成績が上がらず苦労したが、「下手は罪」と教官から厳しい言葉をもらって一変。「下手は迷惑もかけるし、プロとして生きて行くのも厳しい。強くなることによって、これを克服できる」と自分に気合を入れた結果、やまと勝率5・22と女子No.1の成績で卒業した。

 笑顔が魅力的な森下。目標を聞くと「愛されるレーサーになりたい。そしてもうひとつ内緒ですが、母にビッグなプレゼントをしたいんです」と満面の笑みで答えた。

 彼女の所属する静岡支部は強豪女子が多いことで知られる。強い先輩に刺激を受けて成長することは間違いない。デビュー後、卒業レースの悔しさを晴らして、最高の笑顔が見られる日も近いはずだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス