文字サイズ

藤田菜七子が大ベテランとタッグ JRA3度目の重賞騎乗へ

藤田菜七子
1枚拡大

 藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本康広厩舎=のJRA3度目の重賞騎乗が決定した。レースは18日に東京競馬場で行われるダイヤモンドSで、平地重賞では2番目に長い3400メートルを走るハンデ戦。騎乗するのは美浦・田中清厩舎所属のサイモントルナーレ(牡)で11歳の高齢馬だ。人間なら40代半ばの年齢に当てはまる。

 菜七子の重賞初騎乗は昨年3月のスプリングSで、モウカッテルに乗って9着(8番人気)。2度目は今回騎乗するサイモントルナーレで、5月の目黒記念に乗って13着(15番人気)に敗れている。

 田中清調教師は「軽ハンデでもあるし、昨年の目黒記念でうまく乗ってくれたから。馬主さんの了承は得られました」と、再タッグ結成に期待を寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス