文字サイズ

武豊「厩舎の馬に乗るのが楽しみ」 弟・幸四郎調教師転身に

兄(武豊)からの連絡はありませんと語る新・調教師の武幸四郎(撮影・石湯恒介)
新規調教師に合格した(左から)高柳助手、武幸四郎、武英助手、安田翔助手
 武豊
3枚3枚

 JRAは8日、17年度新規調教師合格者を発表。メイショウマンボで13年オークスを制すなど、G1で6勝を挙げる武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=が合格した。

 吉報を出張先の香港(香港C出走のエイシンヒカリの追い切りの騎乗)で受けた兄の武豊騎手(47)=栗東・フリー=は「一生懸命勉強する姿を見ていたからこの知らせはうれしいですね」と我が事のように喜んだ。「彼なりに覚悟を決めて目指した新しい道なので頑張ってほしい」とエールを送り、「開業したら幸四郎厩舎の馬に騎乗できることを楽しみにしています」と“武兄弟”によるタッグ実現を望んだ。

 幸四郎は元騎手、元調教師の“名人”武邦彦の四男、“天才”武豊の弟として注目され、97年3月1日に騎手デビュー。初勝利がデビュー翌日のマイラーズC(オースミタイクーン)で、JRA史上最短記録となるデビュー2日目での最年少重賞制覇を成し遂げた。

 同年に37勝を挙げてJRA賞最多勝利新人騎手を受賞。00年にはティコティコタックで秋華賞を勝ち、G1初制覇を決めている。

 JRA通算687勝(G1の6勝を含む重賞28勝)。今年、8月12日に父・武邦彦さんが死去。2代目トレーナーとして父の遺志を継ぐことになる。

 調教師試験合格者7人は以下の通り。高栁大輔、武幸四郎、武英智、田中博康、林徹、安田翔伍、和田勇介

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス