文字サイズ

【エ女王杯】シングウィズジョイあるぞ一発 鞍上ルメールは連対新記録を樹立

 ルメールとのコンビで戴冠を目指すシングウィズジョイ(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「エリザベス女王杯・G1」(13日、京都)

 4歳牝馬シングウィズジョイに一発ムードが漂う。鞍上は先週、騎乗機会10連続連対の新記録を樹立したルメール。同馬を管理する友道師も先週のアルゼンチン共和国杯をシュヴァルグランで制しており、大舞台へ向けて機運が高まっている。

 先週、ルメールは京王杯2歳S(モンドキャンノ)を含む10勝と獅子奮迅の活躍をみせた。騎乗機会10連続連対の新記録を樹立し、日曜には最多タイの1日8勝をマーク。リーディング争いでも首位の戸崎圭に1勝差へと迫った。今週、G1で騎乗するのがテン乗りのシングウィズジョイ。成績の波が激しいタイプだが、意外性のある馬だけに期待を抱かせる。

 「当たりが柔らかいルメールは合っているんじゃないかな」と友道師は新コンビ結成を歓迎する。マカヒキのフランス遠征を持ち出すまでもなく、気心が知れたジョッキーだけに、心強いことこの上ない。

 馬の状態も上昇している。1週前追い切りでは栗東CWでラスト1F11秒6と切れ味を披露。安田助手は「素軽くなってきたし、体に張りも出ている。いいころの状態に戻ってきた」と太鼓判を押す。攻めの動きと、レースが直結するタイプだけに、一発ムードを醸し出している。

 ルメールのエリザベス女王杯初優勝は8年前。それまで後方から運んでいたリトルアマポーラを先行させる見事な手綱さばきで、戴冠へと導いた。今回はその時と同じ勝負服。再び大仕事を成し遂げるか注目だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス