文字サイズ

【新馬戦】マイネルズイーガー魅力大

 「新馬戦」(5日、東京)

 優秀な母系に新種牡馬のアイルハヴアナザーを配合。日曜東京5R(芝1600メートル)でデビューを果たすマイネルズイーガー(牡)は血統的な魅力が満載の一頭だ。「父はケンタッキーダービー馬だけど、芝向きのいいスピードがある。楽しみだね」と5月31日、国枝師の期待は大きい。

 母マイネカンナは4歳時に08年福島牝馬Sを制覇。近親には09年天皇賞・春を制したマイネルキッツの名がある。どちらかと言えば晩成の母系だが、「この馬は体質的に弱いところもない。ここまで順調に乗り込んできたよ」と完成度が高く、初戦からいきなりエンジン全開のムードが漂う。

 1週前には美浦Wで4F51秒2-37秒6-12秒3を楽々とマーク。約470キロの馬体を豪快に弾ませ、素材の高さをアピールした。父の傾向を見る意味でも、その走りから目が離せない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス