文字サイズ

【紅梅S】シンハライト桜候補に名乗り

 ワントゥワン(右)の猛追をハナ差しのいだシンハライト(中央)
1枚拡大

 「紅梅S」(17日、京都)

 ディープインパクト産駒の良血馬が無傷2連勝を決めた。シンハライト(牝3歳、栗東・石坂)が直線一気の末脚を発揮し、2着馬とのたたき合いを鼻差制した。

 池添は「乗り味が抜群。これだけフォームの柔らかい馬は久しぶり。距離ももう少しあった方がいい」と大絶賛。「新馬戦よりスムーズにレースができなかったし、状態もまだ上がってくる途中だった」と良化途上での勝利を強調した。いったん放牧に出され、桜花賞路線を歩む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス