文字サイズ

乙武洋匡氏、5キロ練り歩いて国会前で男泣き 東京選挙区トップ当選で「ひろゆき予想」覆す!

 7月10日投開票の第26回参院選が22日、公示された。東京選挙区(改選6)に無所属で出馬した作家・乙武洋匡氏(46)は、国会前で男泣きした。

 感極まった。選挙事務所を開いた渋谷センター街から、国会議事堂までの約5キロを40人のボランティアとともに2時間かけて電動車いすで練り歩き。国会到着後、ボランティアスタッフが号泣する姿を見て「泣かないでよ。オレも泣いちゃうじゃん…」と、涙をこらえ切れなかった。

 政策を訴えながら、ボランティアと練り歩いた国会までの長い道のり。キング牧師を筆頭に約20万人が参加した米国の黒人差別撤廃デモ「ワシントン大行進」になぞらえ「東京大行進」と銘打った。

 乙武氏は「障がいがあって仕事ができない、セクシャルマイノリティーが結婚できない。家にお金がないことで進学ができない。こういった、自分自身で選んだわけでもない境遇で、不利益を被っている。国が対応できていない、ある意味差別を放置してしまっている。これを何とかしていきたい。そんなメッセージに共感してくださった皆さんがこうして集まり、一緒に行進ができた」とした。

 5月20日に、選挙ポスターの撮影で国会議事堂を訪れた乙武氏。33日後の公示日に見る風景は違ったものがあるという。「孤独な戦いになると思っていたが、本当に多くの仲間が集まってこれだけ支えてくれている。ここからもう一度、18日間をかけて、この国会議事堂に必ずたどり着きたいと思っています。一緒にこの場にたどり着き、僕らの声を届けましょう」と決意を新たにした。

 大激戦の東京選挙区に、無所属で出馬。乙武氏の応援にパリから駆けつけたネット掲示板「2ちゃんねる」元管理人のひろゆき氏(45)からは「今回受からないじゃないですか」と“毒舌エール”を受けた。「トップ当選を目指しています。みなさんの下馬評では当選は難しいだろうと思われている。ひろゆきさんにもそう言われてますけど、ひろゆきさんにもお礼のメッセージで『ひろゆき予想を覆せるように頑張ります』と送りました」。18日後、乙武氏が見せる涙はうれし涙なのか、それとも…。

(よろず~ニュース・杉田 康人)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サブカル系最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス