文字サイズ

映画監督の出目昌伸さん死去、83歳

 すい臓がんのため死去した映画監督の出目昌伸さん
1枚拡大

 映画監督の出目昌伸(でめ・まさのぶ)さんが13日、午前8時54分にすい臓がんのため、都内の病院で死去した。83歳だった。葬儀、告別式は未定。喪主は長男の彰さんが務める。親族によると、出目さんは1年半ほど前に手術し、その後は入退院を繰り返していたという。

 1932年10月2日生まれ、滋賀県出身。黒沢明監督作品などで助監督を務め、監督に。主な作品は吉永小百合主演の「天国の駅」(84年)、「きけ、わだつみの声」(95年)、吉永と岩下志麻が共演した「霧の子午線」(96年)、松平健主演の「バルトの楽園」(2006年)など。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    おくやみバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス