文字サイズ

秋田Aスケさん死去 93歳で

 1950~60年代に人気を博した漫才コンビ「秋田Aスケ・Bスケ」の秋田Aスケ(あきた・えーすけ、本名山口敬一=やまぐち・けいいち)さんが8月24日、糖尿病性腎症のため大阪市内の自宅で死去したことが7日、分かった。93歳。徳島県出身。葬儀・告別式は親族で行った。

 近代漫才の父こと作家の秋田実に師事し「漫才道場」に通った。弟と「秋田Aスケ・Bスケ」を結成。弟の死後、46年に2代目Bスケこと北端和夫さんと組み、しゃべくり漫才で人気を集めた。

 戦後の漫才をけん引し、テレビやラジオでも活躍。“エテコのBちゃん”と呼ばれたBスケの猿のものまねが話題を呼び、コンビは一時期アイドル的な人気だった。

 弟子に元大阪府知事の故横山ノックさんら。04年には大阪市内でのコンビの舞台に、セクハラ事件で表舞台から退いていた弟子のノックさんを出演させたこともあった。近年は高齢のため目立った活動は行っておらず、独居していた自宅で亡くなっているのを親族が発見したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      おくやみバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス