文字サイズ

松井氏 賭博の高木元投手と面会してた

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(41)が2日、野球賭博に関与したとして1年間の失格処分を受けた高木京介元投手(26)と対面していたことを明かした。都内で取材に応じ「怒りたい気分でしたけど、終わったことなんで、これからのことを話しました」と打ち明けた。

 高木は母校・星稜高の後輩で出身地もプロでの所属先も同じ。「僕自身が会いたかったんでね。それだけ共通する部分があると、いろんなことを話せるんじゃないかなと」と松井氏。3月中旬に都内で顔を合わせ約1時間、落ち込む後輩に対し「反省して、しっかり処分を受け止めて再出発するしかない」などと諭したという。

 古巣から野球賭博が発覚し「残念な気持ち」とともに「なんでそうなったのかな」という怒りに近い感情を抱いていたという。「こんなことをしていたらファンがそっぽを向く。子どもの夢の世界を壊すことが一番の罪」と語気を強めた。

 松井氏はこの日、BSジャパンの報道番組「日経 FT サタデー9」にゲスト出演。番組内でも一連の野球賭博問題に触れ「ダメなものはダメ。八百長につながる恐れがある、そういう意味で絶対ダメ。12球団の選手全員が、その意識を持つしかないと思います」と強い自覚を求めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス