文字サイズ

イケメン歌手 元恋人へのDVで民事訴訟 暴行、腹蹴り流産も否定

 ソウルジャ・ボーイが、元恋人を暴行しその女性が流産に至ったという噂を否定している。現在、匿名の女性からDV、過失、性的暴行、傷害、故意の精神的苦痛、精神的苦痛の過失、ジェンダー暴力で訴えられている本名ディアンドレ・ウェイことソウルジャだが、今回その民事訴訟の棄却を要求したかたちだ。

 今年の5月、ロサンゼルスの高等裁判所に提出された書類によると、その匿名女性は数年に渡ってソウルジャから物理的、精神的に虐待されていたそうで、命を脅かされ、一緒に住んでいる間とその後に渡り、色々なかたちで暴力を受けたという。

 自分の身体のあらゆる場所、特に腹部を殴られ蹴られたことで、流産にも至り、2016年には拳銃も突き付けられたとするその女性の訴えに対しソウルジャは否定を貫いており、RadarOnline.comが入手した担当弁護士の文書には「全ての訴因を尊重しつつ、不適切で違法な行為について被告は否定しており、その責任を負う者が例えいたとしても、代わりにその行為の責任を負うつもりは全くありません」と記され、訴えの棄却を求めている。

 更にソウルジャはその女性が訴えている自身の行為は、当時同意の上だったと主張、彼女の受けた損害の責任は別の人間による、意志があり、故意で意図的、悪意に満ちた詐欺的な行為に負うとした。

 そんなソウルジャは昨年、別の恋人ケイラ・マイヤーズからも訴訟を起こされていた。19年の自宅パーティー中に延長コードで縛り上げられ、肋骨数本を骨折、顔にアザができる暴行を受けたとケイラは主張しているが、その訴えをソウルジャは否定している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス