文字サイズ

時代を代表する歌姫2人に不仲説 美人歌手が仲裁を試みるも難航

 ビービー・レクサが不仲が噂されるデュア・リパとリタ・オラの仲裁を試みたという。同じアルバニア系のアーティストであるリタとデュア、エイバ・マックスに、ニューアルバム「ベター・ミステイクス」へ参加してもらおうと思っていたというビービーだが、実現は難しそうだという。

 リタとデュアの不仲説についてビービーはザ・サン紙にこう語る。「すごく努力はしたの。2人の関係がどういう状況なのか、何が問題なのかは分からない。私はいつも平和維持の役割を果たして、彼女たちをまとめようとしているんだけど」「私としては何か一緒にやりたい。でも、実現するかは分からない。それ以上は何も言わないわ」

 そして、ビービーは音楽業界にある女性同士の競争を悲しく思うとして、「変な話よね。女の子がどういうものだか分かっているし、競争心が芽生えることもある。私とデュア、リタ、エイバの話をしているんではなく、一般的にね。じゃあ、もし女性が十分にいない環境だったらどうなるのかしら」「アメリカでは、2年くらい前だと、ラジオにかかる80%の曲は男性アーティストで、女性による曲は20%だけだったの。それって悲しすぎる。だから、20%しか与えられていないと分かれば、女性たちは互いに戦わなければいけないような気分になる。私たちは音楽業界のマイノリティなの」「『みんながそれぞれのかたちで成功できたら良いのに』と私は思うんだけど、沈黙の競争があるのは悲しいことだわ。みんなのことは個人的に知っているし、それぞれ素敵な女性だから、そうなって欲しいのに」「私はただ、同じようなバックグラウンドを持った私たちの4人のことをとても誇りに思ってる」と続けた。 

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス