文字サイズ

蓮舫氏が指摘「選手の毎日PCR検査は不安だから。その時点で『安心安全』ではない」

 立憲民主党の蓮舫参議院議員が11日、ツイッターに新規投稿。男子テニスの錦織圭選手がコロナ禍での東京五輪・パラリンピック開催について「1人でも感染者が出る状況なら気が進まない」との考えを示したことを受け、政府が掲げる「安心安全な大会」について、選手全員に対して毎日のPCR検査を行うという時点で「安心安全ではない」と、その矛盾点を指摘した。

 蓮舫氏は「選手全員に毎日PCR検査を行うのは、不安だからです。その時点で安心安全な大会ではありません」と見解を示し、「選手のみならず、大会関係者や報道陣を9万人以下に抑えると大臣は言われましたが、その規模の人数全員の行動管理ができる根拠は『うろうろすることは絶対ない』との言葉だけでした」と振り返った。

 蓮舫氏は10日の参院予算委員会で海外の報道関係者の行動管理について質問し、丸川珠代五輪相は「うろうろするということは絶対にない状況にしていく」と答弁していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス