文字サイズ

ポール・マッカートニー ジョン・レノンの死を未だ受け入れられない

 ポール・マッカートニー(78)は、未だにジョン・レノンの死という現実から目をそらしているのだという。元ザ・ビートルズのジョンは、1980年の12月ニューヨークの自宅アパート前でマーク・デービッド・チャップマンの銃弾に倒れたが、ポールはもう何年もたった今でも、この悲劇的な事件について考える事が出来ないのだと言う。

 ポールは、ニューヨーク・タイムズ紙にこう語った。

 「それについては、考えられないでいる。内側で破裂してしまうんだ。怒りと悲しみ以外、何を考えられると思う?。他のどんな死別とも同じで、ただ一つの逃げ道は、ジョンと一緒だったのがどんなに良かったかを思い出す事だよ。だって、この無分別な行為を乗り越えることなんてできないからね。考えられないんだ。一種の否定だと思う。でも否定こそ僕がこれと向き合える唯一の方法なんだ」

 ポールは、今でもジョンの遺体が運び込まれた葬儀屋の前を歩いて通ることがあるという。

 「前を通る時、必ず『ジョン、元気?』『ハーイ、ジョン』って言うんだ」

 また、ポールは自身のことを、音楽業界のトップへ上りつめた「リバプール出身の貧しい労働者階級の子供」だと見ているそうで、急速にスターに上りつめた事で「複雑な人間」になっていったと認めている。

 「大きな成功を手に入れたら、人々が僕が欲している事をしてくれるんだけど、そうすると自分が全能だと勘違いをするようになるんだ。その全てが複雑な人間を作るんだ。誰もが複雑だけど、多分だけど、貧乏出身だから、他の人より僕はもっと複雑だよ」

 一方、今年初めポールは、ジョンが他界する前に仲直りをしていてよかったとして「よりを戻す事がなかったら、本当に心が痛かったと思う。本当に良かった、力を与えてくれた」と話していた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス