文字サイズ

人気女性歌手、鎮痛剤過剰摂取で死去したプリンスに憤り「腹立たしい…怒りもある」

 シーラ・E(62)が、故プリンスとの未発表曲について口を開いた。1984年発表の『パープル・レイン』で初めて仕事を共にした思い出を振り返りつつ、その存在について明かしたかたちだ。

 「一緒につるむ人たちから彼はインスパイアされていた。それはとてもクールな事でしょ。同じタイプの人間とずっとつるんだりとかはなかったわ」

 「アーティストとして、人間として成長するのは、自分を他人にオープンにした時でしょ」とシーラはガーディアン紙に語り、「出会ってから彼が他界する2,3年前まで、ジャムセッションを一緒にやり続けそれは止む事がなかった」「たくさんの音楽を作ったわ。何年にも渡って、四六時中一緒にスタジオにいたから」

 そして、2016年4月にプリンスが鎮痛剤フェンタニルの過剰摂取で57歳の若さで死亡したことについて、シーラは憤りを感じているという。

 「彼がいないことが腹立たしい。彼に怒りもある。そして『私は何かできたんじゃないか』と思ったりする」

 またシーラは今回、ブラック・ライヴズ・マター運動を支持、人種差別問題についてこう話してもいた。

 「いま、違いを生み出す素晴らしいチャンスだと思っている。今こそだって。不正、断絶、直し変えていかなければならないことが山ほどあるわ。今こそ声に出さなければいけない大事な時期、歴史を変える機会が私たちの前にある」

(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス