文字サイズ

ゲイのハリウッドスター対象の売春斡旋人の物語が映画化へ

 セス・ローゲンが、ルカ・グァダニーノとタッグを組みドキュメンタリー作品「スコッティ・アンド・ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ハリウッド」を映画化する。「君の名前で僕を呼んで」などで知られるグァダニーノがメガホンをとる新作では、セスが長年一緒に仕事をしてきたエヴァン・ゴールドバーグが脚本を手掛けるとデッドラインが伝えている。

 第二次世界大戦に従軍した後、1940年代から80年代にかけてゲイのハリウッドスター達を対象とした売春斡旋人として活躍したスコッティ・バウアーズの人生を追ったマット・ティルナーによるドキュメンタリーを映画化する本作は、バウアーズ自身による暴露本「フル・サービス:マイ・アドベンチャーズ・イン・ハリウッド・アンド・ザ・シークレット・セックス・ライヴズ・オブ・ザ・スターズ」を基に製作される。同著作では、バウアーズがハリウッドの撮影所近くで自身が経営するガソリンスタンドからスター達に売春相手を紹介していた様子が描かれているという。

 ティルナーは同新作でも、コーリー・リーザーと共に自身の会社アルティミーター・フィルムズのもと製作を担う。

 一方で、「スーパーバッド/童貞ウォーズ」「グリーン・ホーネット」などで脚本を共同執筆してきたセスとゴールドバーグだが、セスは以前、ゴールドバーグと手掛けた「40歳の童貞男」などといった初期の作品は、社会の風潮が変わってきていることから、将来「鑑賞不可能」なものになるだろうと話していた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス