文字サイズ

エルトン・ジョン、余命24時間だった!?

 エルトン・ジョン(72)が、感染症にかかって死にそうになった体験を明かしている。2017年に、前立腺がんの手術後、リンパ節から体液が漏れて深刻な状態に陥ったという。「本当に幸運だったわけだけど、当時はそう感じてもいられなかった。一晩中眠れず、自分は死ぬんだろうかって思っていたよ。静まり返った夜の病院で独りぼっちで僕は祈った。『死なさないで欲しい。自分の子供に会いたい。(死に際を)ちょっと延長してくれないか』って」

 そしてデイリー・メール紙が入手した自伝『ミー:エルトン・ジョン』からの一節でエルトンは当時の体験をこう振り返っている。「ロンドンのキング・エドワード7世病院に運ばれ、スキャンを受けた後、自分が重体であると告げられた。ここの病院ではその治療が出来る設備が揃っていなかったのでロンドン・クリニックに移動することになったんだ。最期の記憶は彼らが注射のため僕の脈を探している間、自分は過呼吸になっていたということ。午後2時半には手術台の上にいて、リンパ液が横隔膜から流れ出していた。その後2日間、集中治療を受けていた。南米で重い感染症にかかったんだろうって言われたよ。そして抗生物質を静脈内に大量に投与した。彼らはその感染症のサンプルを取り出したんだけど、予想よりずっと重かったらしい。MRIスキャンや、数えきれないほどの検査をしたよ。医者は(パートナーの)デヴィッド(ファーニッシュ)にあと24時間の命ですって言ったんだ。南米ツアーが後1日長かったら、死んでいたね」

 11日間の入院生活を送った後、エルトンは退院、その後再び歩けるようになるまで、7週間の療養が必要だったという。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス