文字サイズ

ジャスティン・ビーバー夫妻は可愛らしくも複雑なカップル

 ジャスティン・ビーバー夫妻は可愛らしくも複雑なカップルであると、妻ヘイリーの伯父ウィリアム・ボールドウィンは見ているようだ。昨年9月に極秘結婚した2人は、結婚1周年を記念して友人や親族を招いて正式な結婚式を執り行う予定だと言われている。

 そんな中、俳優であるウィリアムは2人がお似合いのカップルだとしながらも、ミュージシャンである妻チャイナ・フィリップスと30年近くも幸せな結婚生活を送っている身として、ミュージシャンを伴侶に持つことに対するアドバイスを惜しみなく与えるつもりのようだ。

 ピープル・ナウにウィリアムはこう語る。「うちの姪はね、素晴らしい若い女性だよ。それに若いながらも既婚者だ。僕は33歳で結婚して37歳で子供を持ったけど、彼女は23歳で結婚したからね。可愛らしい、お似合いのカップルだよ。複雑だけどね。いつも姪には『僕も芸能界にいて、うちの妻は君の旦那のようにとても才能ある成功したレコーディングアーティストだ』って言ってる。もちろん、彼女の旦那ほどのレベルじゃないけどね。でももしそのことでの試練や苦難についてや、隠された危険を避けるための努力について話したければいつでも相談に乗るからと言っている。僕は妻と30年くらい連れ添ってるからね」

 ジャスティンとヘイリーは結婚式の計画を進めているとは言われているものの、ジャスティンのメンタルヘルスの治療を優先しているところのようだ。

 そんなジャスティンは先日、若くして有名になったことで自殺願望が生まれたことや、ドラッグに溺れていたことについて告白していたが、そんな自分を良い人間にしてくれたのがヘイリーだったと明かしていた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      海外スターバックナンバー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス