文字サイズ

中条きよし氏 「何も怖いものありません」 海老沢由紀氏の肩に優しく手を置き

 第26回参院選は22日公示され、7月10日投開票に向けた18日間の選挙戦が始まった。与野党は焦点となっている物価高対策をはじめ防衛費、消費税、年金でも政策を競う。立候補は改選124議席(選挙区74、比例50)と非改選の神奈川選挙区の欠員1を補う「合併選挙」を合わせた計125議席に選挙区367人、比例178人の計545人が届け出た。比例で受理された政党・政治団体は計15。2000年以降の参院選で最多だった01年の計14を上回った。

 ◇ ◇

 日本維新の会から比例代表で立候補した歌手で俳優の中条きよし氏(76)は東京・銀座で街頭演説を行った。

 同じく維新の比例代表で立候補している元東京都知事・猪瀬直樹氏(75)による演説中の“セクハラ問題”で話題の、東京選挙区(改選数6)から立候補した海老沢由紀氏(48)の肩に優しく手を置くなど、息の合ったチームワークで通行人に呼び掛けた。

 銀座の街をさっそうと歩き、選挙カーの上に飛び乗った中条氏は「この年になると何も怖いものはありません。チャンスを与えられれば命をかけます」と力を込めたが、報道陣に囲まれると「銀座は飲みに来たことしかない。やりにくい。照れくさいのが勝つ」と苦笑いしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス