文字サイズ

法大前総長「サンモニ」で日本の核議論「北朝鮮的発想」と指摘

 法政大学前総長の田中優子氏が17日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、核についての議論を「北朝鮮的発想」と切った。

 ロシアのウクライナ侵攻、北朝鮮のミサイル問題などで核の脅威が取りざたされている。田中氏は、日本のスタンスについて「ちゃんと考えないといけない」と前置きし「自民党とか維新の党の一部の方たちが核共有、核保有のことを言い出してますよね」と指摘した。続けて「要するに北朝鮮的発想に今、入りつつある。同じような国になりつつある、ということをちゃんと認識しなきゃならない」と危うさがあるとした。

 田中氏は「日本国憲法」の考え方を尊重。前文で「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する」と述べている点に注目した。「そこに戻って『日本は何をすべきか』ということを考えた方がいい」とし、「世界のために外交力をどういう風に発揮するか考えるチャンスだと思います」と持論を展開した。

 田中氏は、3月20日に放送された同番組で、安倍晋三元首相がその以前に「核シェアリング」について触れたことに、「自民党の中には、核共有、核の使用ということを許容する考え方がある」と主張した。安倍氏らは核について保有を主張しているわけではなく、「タブーなく議論する必要がある」としている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス