文字サイズ

佐藤隆太、木村拓哉の演技に震え上がった過去 涙が出ないと「木村さんを思い出す」

 俳優の佐藤隆太が9日、フジテレビ系「TOKIOカケル」に出演。ドラマで共演した木村拓哉のど迫力演技に恐怖し、「その後何年間か、ドラマで涙が出ないときはその時の木村さんを思い出した」と振り返った。

 佐藤は04年のフジテレビ系ドラマ「プライド」でアイスホッケー選手役で出演。ホッケーに恐怖を覚え、アイスリンクに上がれなくなった佐藤演じる選手に対し、先輩の木村がど迫力で「俺と(ホッケー)どっちが怖いんだよ!」と叱り飛ばすシーンがあった。

 佐藤は「その時の迫力がまあすごくて…」と震え上がり、演技とはいえ、あまりの木村の怖さに「その後何年間かドラマで涙が出ない時は、その木村さんを思い出す時期があったほど」と振り返った。

 あまりの迫力に「俺、何か木村さんに失礼なことしたっけ?と考えちゃうぐらい。だからこその迫力かなと…」とコメント。実際にその時のドラマのシーンも流され、TOKIOメンバーも「これは…」と驚いていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス