文字サイズ

水森かおり 恩人の墓前に紅白出場報告 ご当地ソング44都道府県達成

 歌手・水森かおり(48)が8日、所属する徳間ジャパンコミュニケーションズの元社長で、恩人の徳間康快さんが眠る東京・西麻布の長谷寺を訪れて、19年連続での「NHK紅白歌合戦」出場を墓前報告した。例年、豪華衣装で注目を集めており、「まだ言えないんですけど…。見たことないスタイルで、ビックリする感じです」と“ヒント”をポロリ。

 また、来年2月15日に新曲「九十九里浜」を発売すると発表。ご当地ソングの女王として初めて千葉が舞台の曲を歌うことになり、「スケールが大きい歌です。47都道府県制覇へ、福岡、宮崎、徳島の残り3県になりました」と“偉業”を見すえた。

 コロナ禍で恒例の現地キャンペーンが2年連続でほとんどできておらず、「来年は千葉の隅々まで足を運んで、皆さんと触れ合えたら」と願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス