文字サイズ

妻夫木聡が松坂大輔引退セレモニーに登場「ずっとマツの背中を追いかけていました」

 俳優の妻夫木聡(40)が4日、メットライフドームで行われた、親交の深い西武・松坂大輔投手(41)の引退セレモニーに姿を見せ、ねぎらう言葉をおくった。

 同じ1980年生まれの2人。「松坂選手の友人代表として、一言、お時間ください。マツ、本当に23年間、お疲れ様でした」と語りかけた妻夫木は、「僕たち1980年生まれは、皆さんご存じの通り、松坂世代と呼ばれています。その名前の通り、僕はずっとマツの背中を追いかけていました」と自身にとっても、大きな存在だったと振り返った。

 そして、「その背中は会う度にどんどん大きくなりました。そんなあなたが引退を迎えるということが、僕にとってもすごく感慨深いものがあります。あなたは僕にとってヒーローであり、夢であり、そして最大のライバルでした」と続けた。

 「あなたの努力を少しでも近くから見ていた僕にとっては、この日を迎えるということが、正直…とても悔しいです。悔しい思いもいっぱいしたと思います。でも、そんな姿を見せず、自分のために、家族のために、そして、ファンの皆様のために最後まで闘い続けた松坂大輔を僕は誇りに思います。本当に23年間、お疲れ様でした。ありがとう」と時折、言葉を詰まらせながら、“平成の怪物”をねぎらっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス