文字サイズ

稲村亜美 来年は「良いご縁を探して街を練り歩きたい」 カレンダーは肉体美をPR

おすすめショットを紹介する稲村亜美=都内
イベントに登壇した稲村亜美=都内
「神スイング」をする稲村亜美=都内
3枚

 タレントの稲村亜美(25)が4日、都内で2022年版カレンダー発売イベントを行った。透け感のあるししゅうワンピース姿で登場し、「26歳になる年なので大人っぽく仕上げてみました。日常みたいな感じ。リビングに飾って、テレビに集中できないくらい見てほしい」と呼び掛けた。

 お気に入りには7、8月のオレンジのワンピースから太ももがのぞくショットだといい、「太ももが見えてるところがいいかな。ちょうどいい、ごつすぎない筋肉のラインがうっすら見えてる感じがいい」と肉体美をPRした。

 今年を「非常に充実していて、出会いも別れもあり、家族の絆が深まりました」と総括。来年は「先日占ってもらう機会があって、今年がモテ期だったらしいんですよ。あと2年続くらしいので、良いご縁を探して街を練り歩きたいです。まだ結婚する予定もする気もないんですけど、良いお相手を見つけたい」と意気込んだ。

 野球経験者で「神スイング」で話題となったため、「野球選手とか…」と問われると、「野球選手は私に近寄ってこないので。私のここらへん(背後)にはOBの方々が見えるらしく…」と苦笑いしていた。

 今年のプロ野球は「(昨季)最下位だった2チームの底力を見ました。1年で変われるんだぞという希望をいただきました」と話した。就任以来連日ニュースを盛り上げる、日本ハムのビッグボスこと新庄剛志監督(49)には「野球界に新しい風を吹かしてほしいですね!」と期待。始球式で打者・新庄とのガチンコ勝負も熱望し、「1打席勝負で実際にホームランを打ってほしい。100キロは打ちごろだと思うので」と笑った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス