文字サイズ

櫻井翔 旭川&那覇で弾丸舞台あいさつ「マイルがたまってしょうがない」

 5000キロを移動し、沖縄のファンの前に立つ櫻井(右)と堤監督=沖縄県那覇市
 北海道のファンに向かい、大きく手を振る櫻井翔=北海道旭川市
 客席を背に笑顔で手を振る櫻井(右)と堤幸彦監督=北海道旭川市
3枚

 国民的グループ・嵐の初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」が26日、全国公開され、櫻井翔(39)が北海道旭川市と沖縄県那覇市でサプライズの舞台あいさつを行った。列島を北から南まで縦断し、総移動距離は約5000キロにも及んだ。この日はリーダーの大野智(41)の41回目の誕生日で、前夜にメンバー全員がメールで祝福したことも明かした。

 仰天のサプライズ縦断は、映画にかける熱量そのものだった。櫻井は「おかげでマイルがたまってしょうがない」とおどけ、「1日の中でのこんなハードな移動、ツアーではなかった。初めてのことです」と、超弾丸日程にも心地よさげだ。

 午前7時半に羽田空港を出発。約2時間後に気温零下2度、雪の積もる北の大地に到着した。櫻井が登場すると館内のファンは悲鳴を上げ、寒さも忘れる熱気に包まれた。「(旭川B級グルメ)『ジュンドッグ』を三つも食べちゃいました!」。おちゃめなあいさつに「ジュンドッグ」は即トレンド入りした。

 正午過ぎにイベントが終わると約1時間後に飛び立ち、約6時間のフライトを経て南国に到着した。赤から黒にジャケットを衣替えした櫻井が登壇すると、驚がくのサプライズにファンは感涙。両会場の様子は全国198カ所でのライブビューイングに、同時配信などで13万人以上の人が見守り、櫻井は「またお前かよなんて言わないでください」と笑顔で呼びかけた。

 ドルビーシネマ先行公開日の3日には相葉雅紀(38)、二宮和也(38)、松本潤(38)と登壇。活動休止中の大野を含む5人全員で食事したエピソードが明かされ、変わらぬ絆が話題を呼んだ。

 この日は大野の誕生日。「昨日の夜から『おめでとう!』『41歳だねー』みたいにメンバーみんなでメールでやり取りしてて。『翔ちゃん、よろしくねー』と大野さんから言われております。その思いも、メンバー4人分の思いも背負って今日は来ました」と明かし、“5人で嵐”をこの日も体現した。

 この日までで累計興収は10億円を突破。櫻井は「何度でも楽しんでください」と呼びかけ、松本主演の映画「99.9-刑事専門弁護士-」(12月30日公開)にも触れて「『99.9』もよろしくお願いします」といたずらっぽくPRしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス