文字サイズ

大竹しのぶ 年賀状を送りたい人は中村勘太郎&長三郎「彼らに初めて年賀状書こうかな」

年賀状を贈りたい相手を発表する大竹しのぶ=都内
イベントに出席した大竹しのぶ=都内
イベントに出席した大竹しのぶ(右)と生見愛瑠=都内
3枚

 女優の大竹しのぶ(64)が1日、都内で行われた「2022年用お年玉付年賀はがき 販売セレモニー」に、タレントの生見愛瑠(19)と出席。年賀状の思い出と贈りたい相手を明かした。

 白ワンピース姿の大竹は「今年3本目のお芝居中。楽屋あいさつできないし、終演後にお食事したりもできない。1人でいるのが当たり前になっていたけど、会いたい人に会いたいなと思った1年でした」とコロナ禍の今年を振り返った。

 SNSが普及し、手紙を書く機会が減った昨今。息子から「いつか手紙はなくなってしまうんじゃない」と言われたことがあるというが、手紙派の大竹は「それは絶対になくならない。筆圧とかその人への思いはメールでは伝えられないんだよと伝えた」と筆に託す重みを明かしていた。

 年賀状を贈りたい大切な人を「中村勘太郎さん」「中村長三郎さん」と発表。「家族ぐるみで仲良くしているけど、なかなか会いにいけない。彼らに初めて年賀状を書こうかなと思いますね。2人に『書いてね』って電話します」と贈り合いを期待した。

 今年もあと二ヶ月。年の瀬の過ごし方について「12月26日まで今やっている舞台がずっと続くので、やっと一息できる。お家でのんびりと過ごします」、生見は「スケジュール見たらお仕事だったので楽しくお仕事できたらと思います」と仕事納めまで走り抜けることを誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス