文字サイズ

明石家さんま 奈良の実家全焼で弟が焼死の過去

 タモリ、ビートたけしと並び、お笑い界のBIG3と称される明石家さんま。1983年には奈良の実家が全焼し、当時19歳だった弟が焼死するという悲劇に見舞われている。

 【以下、1983年4月3日付のデイリースポーツ紙面より】(※プライバシーを考慮し、一部修正を加えています)

 2日午前5時45分ごろ、奈良市三条大路、食品加工業・杉本恒さん(54)経営の工場付近から出火、木造モルタル2階建ての同工場兼住居約430平方メートルを全焼。焼け跡から仕事を手伝っている三男・Mさん(19)が焼死体で見つかった。

 奈良署で出火原因などを調べている。

 杉本さん宅は1階が魚類の干物などを加工する工場で、2階が住居。出荷当時、杉本さん夫婦、祖父、Mさんの4人がいたが、Mさんは逃げ遅れたらしい。

 杉本さん宅は関西の人気タレント・明石家さんま(本名・杉本高文)さんの実家で、焼死したMさんは、さんまさんの弟。現場付近は住宅や小さな工場が多い。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス