文字サイズ

「大下容子ワイド!スクランブル」不適切演出 テレ朝亀山社長が謝罪

 テレビ朝日の定例社長会見が26日、東京・六本木の同局で開かれ、亀山慶二社長は平日昼の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」(月~金曜、正午)で、不適切な演出があったことを謝罪した。

 同番組では「視聴者からの質問にお答えするコーナー」で3月以降、事前に番組スタッフが、過去に寄せられた意見・質問を踏まえて用意した想定質問を、視聴者からの質問として放送していた例が見つかったという。同局は21日にそのことを発表し、謝罪している。

 亀山社長は「今回の不適切な演出は番組への信頼を大きく損ねる許されない事案であり、視聴者の皆さま、関係者の皆さまに深くお詫びを申し上げます。再発防止を徹底いたしまして信頼回復に努めて参ります。大変申し訳ございませんでした」と謝罪。

 26日付で当該番組のチーフプロデューサーとプロデューサーに減給1カ月、情報番組センター長をけん責処分にしたと発表し、直接番組制作を行った「テレビ朝日映像」でも当該社員にしかるべき処分が行われたという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス