文字サイズ

脊山アナ 古巣の“イジメ”を実名訴え

1枚拡大

 2010年2月に日本テレビを退社し、フリーに転身した脊山(せやま)麻理子アナウンサー(34)が1日、TBS系「さんまのスーパーからくりTV」に出演。当時上司だった元日テレの福澤朗アナからイジメられたと訴えた。

 脊山は04年に入社。05年に退社した福澤アナは、脊山アナの教育係だった。

 脊山によると、当時、福澤から、「人前に立つ意味が分かっていない。前説をやってみろ」と当時福澤が司会をしていた「エンタの神様」の前説をやらされたという。(※前説とは収録前にスタジオ観覧者を前に収録の流れなどを説明しながらトークで盛り上げること。通常は芸人やスタッフがやることが多い)。

 初めての前説に「とにかく何をやっていいか分からず、すべりまくった」と脊山。「そしたら、その日、福澤さん、口も聞いてくれなくて。『君には失望した』と(言われた)」と訴えた。

 この日の番組では、入社後、バラエティー中心だった自分は、アナウンス部に戻っても、先輩たちから冷たい視線を浴びせられ、「できるだけ先輩達に怒られないように、電話が鳴ったらすぐに出たりしていました」と“古巣批判”も展開した。

 さらに、1年半独自に練習していた天気予報の仕事を、後輩の古閑陽子アナにとられたことを実名で暴露。「すごい悔しかったですね」と振り返っていた。

 脊山は1日、都内で初の写真集「SEYAMA」(集英社)の発売記念イベントを行い、水着姿で登場。夫とは離婚協議中だが、「離婚の決着は」という質問には、無言を貫いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス